【建築設計部門 公園・ランドスケープ】

牧野植物園効果・管理照明


牧野植物園効果・管理照明


 高知県立牧野植物園の南園及び温室に約400灯の夜間照明を新設しました。季節の植物をライトアップする常設照明及び音の演出導入は植物園の魅力を向上させます。南園では地形に配慮しつつ、植物の方向、光量調整、音の演出に合わせた照明変化を行いました。温室では、動物の鳴き声、スコール、雷の音などにより、ジャングルのような演出を図りました。